2011.01.03 ゴミ問題
昨日母と電話をしていて「今年はフェイクスイーツに精を出すよ」と言ったら
「え? 整形手術に?」って聞き返されました。


さてタイトルの『ゴミ問題』は、フェイクスイーツをつくる誰もが悩まされている「作品の中に布などの繊維のゴミが入ってしまう」という大問題。
わたしもこれにはいつも困っていて、気をつけてもいつの間にかマカロンやクッキーの表面にゴミが入り込んで取れないのです 泣

特に冬は風が起こらないように暖房器具を点けず、ニットやフリースは着ないで綿の服で寒さを堪えてつくっているのに…

今年も昨日から作品づくりを始めたのですが、やはりゴミにイライラ…
そんなとき、横にあったセルロースふきんが目に入り「これって繊維が出ないのでは?」と思いました。
ふきんを濡らして、手はもちろん粘土の袋やスプーンやデーブルや絵の具のチューブ、とにかくなんでもこれで拭いてから作業をすることにしました。
すると感動的なほどゴミが入らない!

多少入ったゴミも、表面に見えているものはマスキングテープでペタペタやってみたら、100%ではないけれど取れてきます。

クッキーなど焼き菓子の表面に跡を付けるためにタオルやあかすりを使っていたのですが、硬いスポンジに変えてみたところ、これもゴミが付きにくい!
ちなみにこのスポンジは、排水溝に髪の毛が流れるのを防ぐ専用で、硬くて目が粗いものです。
軽い力で跡が付くので、押しすぎたりせず作品の変形も防げます。

DSCF2297.jpg

年末ギリギリまで仕事が忙しく、やっとお休みと思っていたのに、なんだかあっという間にお休みも終わってしまいそうです。

いろいろ思うところあって、今年はすごーーく頑張らなければ!! と思っています。
作品づくりも頑張りますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kimurapremium.blog74.fc2.com/tb.php/87-21e38608